看護師の夜勤の関係について

img-1

看護師は、夜勤などの不規則な労働時間が原因で体調不良になり、退職するケースも多い職種です。


そのため、病院側は夜勤勤務がない日勤常勤の働き方を導入したり、夜勤専従と呼ばれる夜の時間帯だけの勤務を行う看護師を増やすなどさまざまな対策を立てています。
病棟以外のクリニックや診療所などの入院施設がない医療機関、介護施設や保育園、一般企業の医務室などの医療施設以外の勤務であれば日勤のみの働き方もできます。しかし、看護師としてのスキルを高めたい場合は、やはり病棟勤務を続けるのがおすすめです。

クリニックや診療所では、病棟のような高い医療技術の治療は行わないため看護師のスキルも低下しやすいです。また、日勤のみのナース求人は、とても競争率が高く、募集も少ないためなかなか案件自体が見つかりにくいという面もあります。

病棟以外で長年勤務している看護師は、病棟への復職を希望してもスキルの低下から採用がされにくいという事情もあります。

病棟勤務を継続したい場合は、日勤常勤として働くか、短時間勤務の派遣ナースやアルバイト、パートなどの非常勤として働くのがおすすめです。

夜勤勤務がないため、手当の額は少なくなるのがデメリットですが、育児や家事などの私生活を両立させることが可能です。

最近は、子どもがいる人のために病院側が院内に保育園を完備したり、夜勤勤務の通勤が楽になるように病院の施設内に寮を用意するなどの配慮をしているところも増えています。

















関連リンク

img-2
キャバドレスは5着程度所有していれば安心です

キャバクラで勤務する女性の多くが気になるのが、キャバドレスの所有数についてです。お店によっては貸し出し向けのキャバドレスが用意されている事もあるので、貸し出し用の衣装をローテーションに加えることで着回しをしている方が居る一方で、個人的に100着以上を所有しているという方もいます。...

more
img-2
強みを強調させる事がキャバドレスの魅力を高める

お客様をおもてなしする際に着用するキャバドレスは身体に密着しやすい形状なので手首や首などが露わになりやすいという特徴があります。そのため、首や手首に装飾品を付けていなければ物足りなさや寂しさが感じられてしまう恐れがあります。...

more
top